本日ご紹介する積みパーツは、MSIのIntel Z77 Express チップセット搭載マザーボード『Z77 MPOWER』です。

Z77 MPOWER-001

挑戦的な価格で投入されたOC向けIntel Z77マザー


 MSIがIvy Bridgeのオーバークロック向けにリリースした、Intel Z77 Expressチップセット搭載マザーボードが『Z77 MPOWER』です。スタンダードシリーズのマザーボードより高い価格で発売されることの多かったオーバークロック向けマザーボードでありながら、『Z77 MPOWER』の日本での価格は登場次点で2万円を切っており、かなり挑戦的な価格でリリースされた製品でした。

 『Z77 MPOWER』は、MSIの独自規格である「Military Class III」の上位規格として「OC Certified」に準拠した初のマザーボードで、全品「ミリタリークラス・バーンインテスト」と呼ばれるストレステストを実行してから出荷しているとのことです。通常の「Military Class III」としては「5つ星」に準拠しており、電源フェーズへの高効率フェライトコア「SFC」、Driver MOSFET「DrMOS II」、タンタルコンデンサ「Hi-c CAP」の採用と、ボード上に長寿命な「アルミ固体コンデンサ」を搭載しています。

 ちなみに、「ミリタリークラス・バーンインテスト」の内容は、Intel Core i7-3770Kを4.7GHzにオーバークロックした状態で24時間Prime95を連続稼働させるというものだそうです。

Z77 MPOWER-006
Z77 MPOWER-002
Z77 MPOWER-003
Z77 MPOWER-004
Z77 MPOWER-005
Z77 MPOWER-007
Z77 MPOWER-008
Z77 MPOWER-009
Z77 MPOWER-010

 ASUSのROGシリーズなど、従来のオーバークロック向けマザーボードは、スタンダードマザーボードの上位モデルという面も併せ持った商品であったため、SATAポートや追加機能が充実した製品が多かったのですが、『Z77 MPOWER』はSATAポートなどの追加要素を控えめにすることで価格を抑えたようですね。

 オーバークロック動作によって故障した場合の保証「Z77 MPower OC 保証」や、デュアルBIOSなど、オーバークロック向けマザーボードとしては面白い要素を載せてきた商品なのではないでしょうか。もっとも、「Z77 MPower OC 保証」はチップの焼損を伴うような故障では活用できないので過信は禁物ですが。