以前やろうとしていたCPUクーラー検証では、Thermalrightの『Venomous X Black』を基準クーラーにしようとしていましたが、LGA 1155環境でのパフォーマンスが基準クーラーとしては強力すぎることと、国内での販売が終了してしまったので、Thermalright『TR true spirit』を用意しました。

TR true spirit_0008

◆ 120mmファンを備えるミドルレンジクーラー

 Thermalright『TR true spirit』は、Ultra-120シリーズのエントリーモデルとして、COGAGEブランドで発売されていた『true spirit』に120mmファンを搭載し、最新のプラットフォームに対応したミドルレンジクラスのサイドフロー型CPUクーラーです。

TR true spirit_0005

TR true spirit_0000

 初代の『true spirit』と比較すると、ファンの追加やリテンションの変更だけでなく、ベースユニットの形状変更などヒートシンク自体にも手が加えられています。従来のThermalright製CPUクーラーでは、ほとんどのモデルで同じ形状のベースユニットが採用されていたため、基本的にリテンションに互換性がありましたが、『TR true spirit』では従来のリテンションを利用できなくなっています。

TR true spirit_0006

TR true spirit_0001

TR true spirit_0002

TR true spirit_0003

TR true spirit_0007

 ベースユニットは簡素化しつつもヒートパイプを潰さず、ろう付けにより熱伝導しやすく加工されているなど、Thermalrightらしさが感じられる部分もあります。ただ、基本的にはコストを抑える設計となっているようで、放熱フィンとヒートパイプのろう付けや、ヒートパイプや放熱フィンへのメッキは省略され、安っぽい印象を受ける仕上がりとなっています。

 サブブランドのCOGAGEでリリースされた製品ならともかく、ハイエンドCPUクーラーメーカーのThermalright製品としては、少々残念な仕上がりですね。簡略化しても冷えるのであれば質実剛健ということでいいのかもしれませんが、ハイエンドCPUクーラーメーカーがこういう製品を出さざるを得ない時代になったというのはちょっと残念な気もします。

 とにもかくにも、とりあえずこれを使ってクーラー検証用のレギュレーションを決めていきたいと思います。



最安値情報(coneco.net) & Shop Link
Thermalright『TR true spirit』 ⇒ [ツクモ][PCワンズ]
CPUクーラー人気商品ランキング