先日掲載した『羅刹』の検証記事について、「より小型でケースに干渉しにくいという利点があるにも関わらず、『グランド鎌クロス』に対して特に優位性が無いと書くのは〜…」というご意見を頂きましたので、何故あのような評価でまとめたのかちょっと言い訳を…。

NINJA30069

◆ そこまで大きさが違うのか?

 さて、『羅刹』と『グランド鎌クロス』の間にはサイズ差があるにも関わらず、"なぜとくに優位性がない"と書いたのか。それは、サイズ差は確かにあるものの、『グランド鎌クロス』が収まらないケースに『羅刹』が収まるというような事態が頻発するほど、両製品のサイズ差が大きいとは思わなかったためです。

NINJA30045
▲ グランド鎌クロス(左)、羅刹(右)

NINJA30046
▲ グランド鎌クロス(左)、羅刹(右)

NINJA30047
▲ グランド鎌クロス(左)、羅刹(右)


 確かに上から見下ろす形でみると、『グランド鎌クロス』は『羅刹』より大きく見えます。ただ、横に並べてみると、高さはほとんど変わらず、そこまで大きさに差があるようには見えないのではないでしょうか。寸法的には141mm×130mm、高さ130mmの『羅刹』に対し、グランド鎌クロスは177mm×141mm、高さ137mmとなっています。’(25mm厚ファン搭載時)

寸法的にも36mm×11mmほど『羅刹』より大きい『グランド鎌クロス』ですが、個人的には数字からイメージするほど大きいようには感じません。『グランド鎌クロス』=超大型CPUクーラーというイメージは確かにあるようですが、先代モデルが80mm角ファン搭載モデルだったにも関わらず、140mm径ファンを搭載する大型CPUクーラーとなったことで、実サイズ以上に大型であるという印象を持たれている方が多いのでは無いかな〜と考えております。


 とは言え、"個人的に大きいとは思わない"なんてことでは余りにも人によりけり過ぎるので、LGA 1156マザーに取り付けた際の写真を以下に掲載します。マザーボードはASUSの『P7P55D』です。



◆ マザーボード南側から

NINJA30048
▲ 羅刹(取り付け方向1)

NINJA30055
▲ 羅刹(取り付け方向2)

NINJA30062
▲ グランド鎌クロス




◆ メモリとのクリアランス その1

NINJA30049
▲ 羅刹(取り付け方向1)

NINJA30056
▲ 羅刹(取り付け方向2)

NINJA30063
▲ グランド鎌クロス


 『羅刹』は取り付け方向1なら全高51.5mmの大型ヒートシンクを備えたUMAX製メモリとも干渉なく取り付け可能。取り付け方向2ではスロット1には取り付け不可で、スロット2に付けた場合は軽く接触。グランド鎌クロスはスロット1でもUMAXメモリを抜き差し出来る程度のスキマあり。



◆ メモリとのクリアランス その2

NINJA30070
▲ 羅刹(取り付け方向1)

NINJA30071
▲ 羅刹(取り付け方向2)

NINJA30072
▲ グランド鎌クロス




◆ PCI Expressスロットとのクリアランス

NINJA30054
▲ 羅刹(取り付け方向1)

NINJA30060
▲ 羅刹(取り付け方向2)

NINJA30067
▲ グランド鎌クロス




◆ マザーボード上空から

NINJA30053
▲ 羅刹(取り付け方向1)

NINJA30061
▲ 羅刹(取り付け方向2)

NINJA30068
▲ グランド鎌クロス


 『羅刹』・『グランド鎌クロス』ともマザー上側の電源コネクタやネジ穴とのクリアランスが少なく、マザーボード取り付け穴と天板の距離が近い狭いケースに組み込む場合取り付けが困難になる可能性あり。どちらかというと、『羅刹』の方のスキマが広いので、有利になる場合も考えられる。


◆ まとめ 〜 グランド鎌クロスが干渉し、羅刹が干渉しないケースはよくある? 〜

 一通り写真を並べて見ました。感想は人それぞれで、やはり『グランド鎌クロス』が大きく『羅刹』が小さいように感じる人もいれば、『グランド鎌クロス』『羅刹』とも大きいと感じる人もいるのではないでしょうか。

 グランド鎌クロスは取り付け方向を4方向自由に選択できる4-wayマウントを採用していますが、取り付け方向はPCI Expressスロットとの距離に応じ、この方向か180℃回転させた方向の二択になると思われます。その場合、177mm×141mmという寸法のうち、『羅刹』より36mmも長い177mmはメモリ側と電源回路側に伸びる事になり、5インチベイとの干渉が厳しい場合を除けば、この177mmが問題になる事は少ないでしょう。一方、マザーボード上側のネジ穴などとのクリアランスに関しては『羅刹』の方が広くなっていますが、『グランド鎌クロス』のネジ止めが不可能なレベルのケースの場合、羅刹についても長めのドライバーを使わないと取り付けは厳しいかと思われます。

以上に加え、メモリとのクリアランスや電源回路、チップセット用ヒートシンクとのクリアランスなどを考えると、「『グランド鎌クロス』が取り付けられず『羅刹』が取り付けられる」というケースは、それほど多くないのではないかというのが私の印象です。


 サイズ的に『羅刹』が『グランド鎌クロス』より小さいのは確かですが、それが優位かというとそれほどでもないと判断したため、先日掲載した記事では『グランド鎌クロス』に対する『羅刹』の優位性がとくに見当たらないというまとめ方をした次第です。

製品の評価自体は時間経過(価格や競合製品の変化)で変わるでしょうし、同じ結果でも視点が違えば違う評価の仕方もあります。以前も書きましたが、私の記事の"まとめ"などは「こういう考え方もある」程度の参考にして頂ければ幸いです。




最安値情報(coneco.net) & Shop Link
Scythe『羅刹』 ⇒ [amazon][ドスパラ]
Scythe『グランド鎌クロス』 ⇒ [TSUKUMO][amazon]
CPUクーラー 人気商品ランキング 1位〜20位