Scythe『夜叉』の冷却性能検証第二弾となる今回は、IntelのLGA 775プラットフォームで行った検証の結果をご紹介します。

前回行ったSocket AM3環境での検証では、取り付け方向が他のサイドフロー型CPUクーラーと異なっていましたが、LGA 775環境では他のサイドフロー型CPUクーラー同様、バックパネル方向に排気する向きで取り付けています。

IMG_9575


◆ 検証条件と比較対象について

 今回の検証は、「CPU Cooler Test Regulation for LGA 775」で定めた独自の条件に基づき、CPUクーラーの冷却性能を比較したものです。

『夜叉』との比較には、同じScytheの『MUGEN∞2』の他に、サイドフロー型CPUクーラーの中でもトップクラスのCPU冷却能力を持つThermalright『TRue Black 120』、PROLIMA TECH『Megahalems』、Noctua『NH-D14』を用意し、計5製品の冷却性能を比較しました。

IMG_9610
▲ Scythe『夜叉』

MUGEN∞2 TRue Black 120
▲ 左:Scythe『MUGEN∞2』 右:Thermalright『TRue Black 120』

Megahalems Noctua『NH-D14』
▲ 左:PROLIMA TECH『Megahalems』 右:Noctua『NH-D14』





◆ 冷却性能検証・その1 〜 定格動作時 〜

 まずは、『Core 2 Extreme QX9650』を定格の3.0GHzで動作させて行った、冷却性能検証の結果を紹介します。

TDPが130Wと高い『Core 2 Extreme QX9650』を使っているとはいえ、所詮は定格動作なのでCPUの発熱はさほど大きくなく、この条件では、ハイエンドからミドルレンジまで温度差が付きにくい傾向があります。

N-cpu
N-chip N-MEM1 N-MEM3


 今回の検証結果では、CPU温度に関しては『夜叉』と『MUGEN∞2』の結果はほぼ互角の結果となっており、「KAZE-JYUNI 1200rpm」との組み合わせでパフォーマンスの振るわない『TRue Black 120』や『NH-D14』のような、ファンとの相性も特に見受けられません。

元々そういう傾向のある条件ではありますが、シングルファンでの結果は『Megahalems』と比較しても遜色ない優秀なものとなっており、定格動作レベルではハイエンドCPUクーラーに引けを取らないパフォーマンスを期待できそうです。ただ、『MUGEN∞2』もほぼ同じ結果を記録しているので、コストパフォーマンス的に『夜叉』だけが突出しているという訳では無いですね。


 周辺冷却性能に関しては、『夜叉』が他のCPUクーラーより低めのチップセット温度を記録しています。Socket AM3環境での検証とは違い、取り付け方向は他のサイドフロー型CPUクーラーと同じ向きになっているのですが、それでも他のCPUクーラーより低いチップセット温度を記録している点は、『夜叉』の特徴と言っても良いかと思います。

もっとも、『MUGEN∞2』を含む他のサイドフロー型CPUクーラーより、低いチップセット温度を記録しているとは言え、トップフロー型ほど大きな影響力がある訳ではありません。あくまでも、"サイドフロー型としては優秀"というレベルだとお考え下さい。


 オリジナルファンの結果に関しては、ほぼ同じ回転数で同じ設計である「KAZE-JYUNI 1900rpm」と同じ結果となっていますが、風の流れ方が違うのかチップセット温度がやや高めになっています。…とは言え、オリジナルファンはPWM制御とファンコントローラにより、低速から高速まで幅広くサポートできるため、直接されており取り外せないファンコントローラさえ何とかできればファンを交換する必要はほとんど無いかと思います。




◆ 冷却性能検証・その2 〜 オーバークロック動作時 〜

 続いては、『Core 2 Extreme QX9650』を4.0GHz@1.575Vにオーバークロックして行った検証の結果です。

この条件では、定格時に比べ大幅なオーバークロックと昇圧が施されているため、発熱量は定格時よりも跳ね上がっています。そのため、CPUクーラーによっては熱輸送能力や放熱能力がボトルネックになり、定格時は優秀な結果を出していたCPUクーラーが大幅にパフォーマンスを落とすこともあります。

OC-CPU
OC-CHIP OC-MEM1 OC-MEM3


 さて、検証結果を見ていくと、『夜叉』は定格時と比べ大きくパフォーマンスを落とすということこそ無いものの、『MUGEN∞2』にはやや遅れをとっているように見えます。その差はわずかに1℃程度ですので、『夜叉』が『MUGEN∞2』に劣っていると言えるほどの差ではありませんが、ハイエンドクラスの『Megahalems』や『NH-D14』との間には、3〜5℃程度の差をつけられており、やはり空冷トップクラスの性能を持つハイエンドCPUクーラーとの間には差があるようです。


 周辺冷却に関しては、定格動作時と同様に他のサイドフロー型CPUクーラーより、チップセット温度が低い傾向にあります。メモリ温度に関しては平凡ですが、『MUGEN∞2』と比べれば、周辺パーツに対する影響力は大きいと考えても良いさそうです。




◆ まとめ 〜 4,000円前後の価格帯では最高クラスの製品 〜

 前回Socket AM3環境で行った検証のまとめで、『MUGEN∞2』と同等以上のCPU冷却性能はありそうと書きましたが、今回の結果を合わせて考えると「同程度」と言った方が良さそうですね。CPU冷却性能に関しては『MUGEN∞2』と同等の性能を維持しつつ、"周辺パーツへの影響力向上"と"本体のスリム化"を実現していることを考えれば、後継モデルとしての及第点は満たしていると言えるでしょう。

CPU冷却性能を重視しているサイドフロー型CPUクーラーの目玉になるのが、周辺冷却性能の向上というのは何とも微妙な印象がありますが、多くのマザーボードがCPUクーラーの周辺冷却性能を期待した設計になっている以上、CPUクーラーの周辺冷却性能は無視できない要素であると言えます。当然、無いより合った方が良い訳ですしね。

 もともとかなり優秀なコストパフォーマンスを誇る『MUGEN∞2』に対し、同じ価格帯でトータル性能が改善されている事を考えれば、『夜叉』もまたコストパフォーマンスに優れたサイドフロー型CPUクーラーであると言えます。標準搭載のファンも優秀なので、4,000円前後の価格帯では『MUGEN∞2』に代わる有力な選択肢となりそうです。




最安値情報(coneco.net) & Shop Link
Scythe『夜叉』 ⇒ [amazon][TSUKUMO]
CPUクーラー 人気商品ランキング 1位〜20位