今回は、LGA 775環境で行った、Tuniq『Tower 120 Extreme』の冷却性能検証の結果を紹介します。前回行ったAMD環境での検証では、Extremeの名を冠するには些か物足りない性能と評価したわけですが、LGA 775環境でこの評価を覆すようなパフォーマンスを見せることが出来るのでしょうか?

DPP_0214


◆ 検証条件と比較用CPUクーラー

 今回の検証は、「CPU Cooler Test Regulation for LGA 775」で定めた独自の条件に基づき、CPUクーラーの冷却性能を比較したものです。

 『Tower 120 Extreme』の比較用CPUクーラーとしては、Noctua『NH-D14』やPROLIMA TECH『Megahalems』と言った最高峰の冷却性能を誇る製品をはじめ、Thermalright『TRue Black 120(旧仕様)』にサントラスト『大薙刀メタルブラック』などのハイエンドクラスのサイドフロー型CPUクーラーを用意しました。

また、参考までにトップフロー型としては優秀なコストパフォーマンスを誇るScythe『GRAND KAMA CROSS』も合わせて比較しています。

DPP_0213
▲ Tuniq 『Tower 120 Extreme』

大薙刀メタルブラック TRue Black 120
▲ 左:サントラスト『大薙刀メタルブラック』 右:Thermalright『TRue Black 120』

Megahalems Noctua『NH-D14』
▲ 左:PROLIMA TECH『Megahalems』 右:Noctua『NH-D14』

GRAND KAMA CROSS
▲ Scythe『GRAND KAMA CROSS』




◆ 冷却性能検証・その1 〜 定格動作時 〜

 それではまず、TDP 130Wの『Core 2 Extreme QX9650』を、定格で動作させて行った検証結果から紹介します。

TDP 130Wと、「Core 2 シリーズ」の中でも特に発熱の大きい『Core 2 Extreme QX9650』を使っての検証ですが、『Phenom II X4 955 Black Edition』の定格動作時の検証と同様、大型CPUクーラー同士を比較しても大きなCPU温度の差がつかない傾向があります。

N_CPU
N_CHIP N_MEM1 N_MEM3


 『Tower 120 Extreme』のCPU冷却性能に関しては、いずれのファンとの組み合わせでも、比較したサイドフロー型CPUの中で最も高い温度となっています。比較したサイドフロー型CPUクーラーが、高いCPU冷却能力を持ったハイエンド製品ばかりとはいえ、LGA 775環境で力を発揮できない傾向にある『大薙刀メタルブラック』を下回っているのはちょっと残念です。

ファン毎の傾向としては、やはり「KAZE-JYUNI 1200rpm」との相性が悪いようで、同じくファンをヒートシンクでサンドする『NH-D14』ともども高めの温度を記録しています。そういえば、この組み合わせは旧仕様の『TRue Black 120』も苦手としており、『Tower 120 Extreme』と同じ温度を記録していますが、低速ファン搭載時の性能改善を図ったと言われる『TRue Black 120 Rev.C』ではどうなっているんでしょうね?


 さて、話を『Tower 120 Extreme』に戻しましょう。『Tower 120 Extreme』の周辺冷却性能に関しては、メモリとの距離が遠いうえヒートシンクという障害物があることで、メモリの温度は同じ仕様の『NH-D14』同様に高めになっているという傾向がありますが、まぁ「ごく普通なサイドフロー型レベル」と言った感じです。

サイドフロー型の中では群を抜いて低いチップセット温度を記録している『大薙刀メタルブラック』に関しては、ヒートシンクの側面を塞がれていることと、ファンとヒートシンクの間に微妙なスキマが空いていることにより、風が上下に抜けてチップセットを冷却しているようです。『Tower 120 Extreme』も同じく側面を塞いでいるのですが、ファンはその塞いでいる部分の中心部に存在するため、特に風がヒートシンクの上下に抜けることも無いので、特別目立つような結果にはならないようですね。


 オリジナルファンをフル回転(2000rpm)させた際の結果は、「KAZE-JYUNI 1900rpm」搭載時とほぼ同等となっています。オリジナルファンとの組み合わせで見れば、デュアルファン搭載時の『NH-D14』に次ぐ結果を残しており、フル回転にしたオリジナルファンの性能の高さが伺えますね。(他のファンは回転数が遅いですが。)

拡張スロットに取り付けるタイプのファンコントローラを使えば、ファンのスピードを最高速の2000rpmから1000rpmにまで絞ることも出来るので、特にこだわりが無いのであればオリジナルファンだけでも十分でしょう。付属ファンだけで静音重視から性能重視までを幅広くカバー出来るのは、この製品の大きな魅力の一つではないかと思います。




◆ 冷却性能検証・その2 〜 オーバークロック動作時 〜

 続いて、『Core 2 Extreme QX9650』を定格の3.0GHz@1.250Vから、4.0GHz@1.575Vにオーバークロックして行った検証結果の紹介です。

マザーボードの仕様上、高負荷時にはCPU電圧が降下するとはいえ、大幅なオーバークロックと昇圧を施しているため、CPUの発熱は定格時より相当大きくなっています。この条件では、CPUクーラーの熱輸送能力や放熱能力が不足していた場合、定格時はハイエンドCPUクーラーに遜色ない性能を記録した製品でも高い温度を記録することがあります。

OC_CPU
OC_CHIP OC_MEM1 OC_MEM3


 搭載出来るファンの制限から、38mm厚ファンの「ULTRA KAZE 3000rpm」を取り付けられない『Tower 120 Extreme』ですが、「KAZE-JYUNI 1900rpm」搭載時には『大薙刀メタルブラック』と互角のCPU温度を記録しています。ただ、互角の結果を記録している『大薙刀メタルブラック』自体、LGA 775環境ではパフォーマンスの振るわない傾向のある製品であり、結局のところ定格時と同じくサイドフロー型CPUクーラーとしては最下位タイの記録となっています。

LGA 775対応製品として最高峰の結果を残している『Megahalems』や『NH-D14』には 5℃ もの差を付けられており、同一ファン搭載時の性能。つまり、ヒートシンク本体の性能としてはこれらハイエンドCPUクーラーとの間に明確な差があることが伺えます。


 周辺冷却に関しては、CPU温度で互角の結果を記録した『大薙刀メタルブラック』に対してチップセット・メモリの両方で差を付けられています。CPU冷却性能は互角でもサイドフロー型CPUクーラーとして平凡な性能しか持たない『Tower 120 Extreme』に対し、LGA 775でのパフォーマンスが振るわないものの、サイドフロー型としては珍しく高い周辺冷却を持つ『大薙刀メタルブラック』の比較では、総合的な冷却性能で『大薙刀メタルブラック』が優位なようですね。




◆ 【小ネタ】ところで接地面はどうなのか?

 CPU冷却性能としては、定格時・OC時あわせて『大薙刀メタルブラック』と同等以下という結果に終わった『Tower 120 Extreme』ですが、ファーストインプレッションで触れたベース部の仕様(異径パイプ方式)により、ヒートパイプとヒートスプレッダの接触はどうなっているのでしょうか。8mm径5本の『大薙刀メタルブラック』と比較してみました。


DPP_0212 DPP_0211
▲ Tower 120 Extreme (左:LGA 775 右:Socket AM3)

取り外し直後(LGA 775) 取り外し直後(Socket AM3)
▲ 大薙刀メタルブラック ※(一応)注:グリスは検証時のものとは異なります


 『Tower 120 Extreme』は6mm径ヒートパイプを間に二本挟んだことで、LGA 775環境でも両端のヒートパイプにヒートスプレッダが接触しています。しかし、両端のヒートパイプがヒートスプレッダに接地している面積は半分以下となっており、これで3本の8mm径ヒートパイプに接地している『大薙刀メタルブラック』より有利と言えるのかはちょっと疑問です。

まぁ、性能としてはAMD環境で比較したときより『大薙刀メタルブラック』との差は縮まっているので、異径パイプ方式の効果はあるのかもしれません。ヒートパイプ直接接地型のベース面を持った製品にとって、ヒートスプレッダとヒートパイプが接地できないことがどの程度の足かせになるのかは知りませんが、異径パイプ方式よりもっと画期的な改善が提示されることに期待したいです。




◆ まとめ 〜 見た目がExtremeという見方も確かにアリかと 〜

 幅広い回転数をサポートするオリジナルファンの魅力は確かにあるのですが、名前が示すとおりハイエンドCPUクーラーとして見た場合、些か冷却性能的に物足りない部分があるのは確かでしょう。また、ヒートシンク性能は兎も角、デュアルファンを搭載した製品との差は埋めがたいものがあるのも確かであり、ハイエンド級の製品と冷却性能の限界を競う上でデュアルファンへの対応は必須でしょう。

 まぁ、既にAMD環境での検証で言っているような事ばかりとなりますが、絶対性能やコストパフォーマンスで選ばなければ、失敗はしない製品だとは思います。性能では無く「見た目がExtreme」という見方もあるそうなので、そういう目的で選択するという意思があるのならば、私はそれはそれで良いのではないかと思います。




最安値情報(coneco.net) & Shop Link
Tuniq『Tower 120 Extreme』 ⇒ [amazon][T・ZONE]
CPUクーラー 人気商品ランキング 1位〜20位