PCI接続のRADEON X1300が、玄人志向から発売されたようです。

『PCI接続のRADEON X1300搭載ビデオカードが登場』 MYCOMジャーナルより

価格は一万円前後と、PCI Express版のRADEON X1300搭載のビデオカードと同じくらいのようですが、コアクロック450MHz、メモリ容量128MB、メモリクロックが533MHzで32bit接続であることや、PCIスロットの帯域等の関係から、普通のPCI Express版のカードや、先日発表されたPCI Express x1版Radeon X1300搭載ビデオカードよりも、スペック的には劣っているという感じです。

しかし、ロープロファイルに対応している事や、充実したインタフェースといった点で、非常に選択肢の少なくなったPCI接続のビデオカードとしては、意外と需要があるかもしれません。

PCIスロットしか搭載されていないメーカー製PCのアップグレード用として買ってみるのも面白そうです。(ただしその際は自己責任で…)


追記 7月1日

The AMD's Cafe記事とかぶっちゃいました(^-^A)

最新のビデオカードの話題が大きく取り上げられがちですが、間違いなくこういった商品にも需要があるんですよねぇ。

これからはちょくちょく、こういった商品の話も取り上げて行きたいと思います。

最近の人気記事 TOP3


    夏に939版のAthlon 64 X2の購入を検討していますが、

    7月24日にはAthlon 64 X2 EEシリーズも値下げ&新ラインナップ追加

    省電力CPUが値下がりすると聞くと、さすがにAM2版にも興味を持ってしまいます。
    さらに、Athlon 64 X2 3600+もいずれ登場してくるようです。

    大幅値下げか…こないだのシングルCPUの価格改定にはかなりショックを受けましたからね。(4月に18,000円で3200+を買った人間。…ほぼ同額で3800+が買えるなんて orz)


    でもアレですね。
    値段が安くなって買いやすくなったのは良いことなのですが、
    以前のような強気の価格設定が無くなって来た事で、『Reverse(Anti)-Hyper-Threading』への期待がちょっと薄くなりました。

    やはり飛躍的な能力向上とはいかないのでしょうか。
    たとえCore2に勝てないにしても、惨敗だけは避けて欲しいものです。


    IntelとAMD、両社が張り合ってたほうが面白いですから…。


    本日二度目の投稿です。

    ここ二日間ブログの更新をサボってしまいました。
    明日はサイトの方の『今月のもの』を更新しないといけないので、その為の記事を書いていました。

    たっぷり時間をかけた割には、いつも通り内容が薄くなっています。 orz
    気が向いたらご覧になってください。


    ◆ ◆ ◆


    先の投稿で書いた、年末の新メインマシン作りの予定をすこし。

    新メインマシンは、

    静粛性・省電力・(PCとしては)高音質

    の三つに重点を置いたマシンを作ろうと思っています。
    処理能力に関しては、現在のメインマシンでも(私にとっては)十分すぎるくらいなので、性能うんぬん以上に実際の使用で快適に感じられるパソコンを目指しています。

    静粛性と省電力は、現在のメインマシンの最大の弱点で、特に消費電力が大きいのは、長時間使用するメインマシンとしては大きな問題になりますから…。
    もちろん、ある程度の性能は持たせるつもりです。


    今の予定では、夏にX2 3800+と交換する3200+を流用したPCを考えています。
    現在のメインマシンが作業用マシンというポジションにつく事になるので、性能的にはそれで十分なのです。

    まぁ、年末までは時間がありますから、その中でより良い選択肢があれば路線変更の可能性もありますが。


    以上、今度こそまじめな自作をしようと思っている瀬文茶でした。

    それでは…(゜▽゜)ノシ


    本日の「上田新聞 blog版」に大変面白い記事がありました。

    『マルチコアでシングルコアをエミュレートする"Reverse(Anti)-Hyper-Threading"』

    これは!!これがAMDの自信の正体なのか!?

    確かに面白い機能ですね…。
    939版にも搭載されてないかなぁ〜。(まず無い

    とにかく、この機能で飛躍的に性能が向上するのなら、
    Core 2ともいい勝負が出来そうですね。

    どっちも魅力的だけど…とりあえず939版のX2 3800+を買って、現在のメインマシンの最後のパワーアップをしたいと思っています。

    Core2もsocketAM2も年末の新メインマシン作りまでのお楽しみと言う事で…。


    本日パソコンを付けると知人からこんなメッセージが

    『D:のデータが全部消えた。゜゜(´O`)°゜。』

    …えぇ〜まじですか?

    電話して状況を聞くと、どうやら昨日までは普通に動いていたそうな。

    それが今日パソコンを付けてみると、突然「ドライブDのディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」と言う状況だそうで。


    とりあえずクイックフォーマットをして、ファイルの復元を試みてます。(現在進行形)
    無事に復元出来れば良いのですが、現実的に考えるとかなり厳しい状況のようです。


    そもそもバックアップをこまめに取っていれば、このような事態になったとき、最小限の被害で食い止められていたのです。(なんたって50GBのデータが消失)

    そいえばちょっと前にも250GBのハードディスクが故障して、全部(250GB)のデータが消えてしまったという話も聞きました。


    ハードディスクはあくまでも消耗品で、ずっと壊れないと言うわけではありません。
    こまめにバックアップしたり、お金に余裕のある人はRAIDを組んでみるなどの対策を取ったほうが良いと思います。

    大切なデータを守るためには、手間とお金が必要ですね。

    このページのトップヘ